書道家になるには謙虚な心を持つこと

文字を書く方法に習字と書道がありますが、この違いは芸術性があるかどうかになります。

まず日本では、小学校から習うことが多いのが習字です。

習字は文字通り字を書くことになり、手本の型どおりに書く方法になります。

そのため、見た目の美しさや形にこだわった書き方になります。

一方、書道とは?書の道と書くように芸術性があり、自分を表現することができます。

書道家になるには謙虚な心を持つこと

それは華道や茶道などと同じように、芸術性に通ずるものがあり、自分の道を切り開く造形的な文化のひとつになります。

さらに精神や鍛練なども、複雑に絡み合ってくるのが書道になります。

そのため中国の書道は、無形文化遺産に登録されています。

つまり書道とは?字を書くことで自分を表現できる芸術性のある文化であり、型にとらわれず自由に字を書くことができます。

次に書道とは?中国から日本に伝わった文化であり、そこから日本独自に発展してきた歴史があります。

日本には漢字だけではなく、仮名が存在します。

そして日本には、様々な流派が存在するのも特徴のひとつになります。

また日本だけではなく、中国から他の国にも伝来して、その国独自の発展をしてきた歴史があります。

最後に日本では、色々な流派が存在しますが、自分の個性をあらわせて自由に書くことができるのが書道です。

現在では、パソコンやスマホが普及する中で、毛筆で字を書く人が減っていましたが、心を静かにできたり、精神を整えることができることから書を習う人が増える傾向にあります。

それは、自分の心を文字にして自由にあらわすことができる上に、日頃の喧騒から書を通して離れることができます。

つまり、書道が精神論へと結びつくことになります。

そして字を通して自分の喜びや嬉しさ、怒り、悲しみなどの様々な感情を表現できます。

その表現方法には、字の大きさや余白、墨の濃淡や線といった書き方があります。

このような様々な面があるのが書になり、人々に昔から親しまれてきた伝統的な芸術文化のひとつになります。